ネコノテジグフック

ネコノテジグを使っていただいた方が増えてきたことで、様々なフィードバックもいただけるようになりました。

その中でネコノテジグ専用フックの折れやすさについてよく伺いますので、ここらで針のお話を。

ネコノテジグは何に特化したルアーかといいますとズバリ「針がかりの良さ」です。針の大きさに対して軸をかなり細めに設計しています。

舐めるようなアタリでも逃さず最低限の力で深く刺さるよう突き詰めた結果です。細かくいうと、道糸PE0.8号での使用を基準としています。いわゆるライトタックルで、小手先の技を駆使し、魚の引きをいなしながらやりとりしてください。

マダイはアゴの力も強いので、ファイト中いい角度で噛まれると稀に折れることもありますが、基本メータークラスでも折れずに獲れると思います。

恐らく1番多いのが取り込んだ後、針を外す最中にペンチでこじって折れてしまうケースです。これを防ぐには、どのようなかかり方にせよ針先が真っ直ぐ抜ける角度に力を加えるよう意識してみてください。まず折れることはないと思います。

それでも1日使い倒したフックは針先がなまってしまうものですね。そこでフックのみの販売を姉妹店のネコノテパン工場通販サイトで開始しました!是非ご利用ください〜!